幼児期に大切な幼児教育とは

最近の幼稚園や保育園では園独自の幼児教育をおこなっている所が増えてきています。なぜ必要なのか、一つ問題になっているのが小学校へ上がった時の「小1プロブレム」の問題です。
多く言われているのが授業中に座っていられない、集団行動がとれないなどがありますが、その様な子供が増えてきているのも事実です。
そこで小学校に上がる前に幼児教育をしてから送りだす、そんな幼稚園、保育園が増えています。


教育と言っても勉強だけではありません。



例えば集団生活をする上で協調性を学んだり、また椅子に座っていられないなら少しずつ慣らして座れるようになる、など園によってそれぞれの教育法があります。

また幼稚園で多いのが英語、音楽、体操など教えている園も多くあり、特に体操は体をたくさん動かすことでオンとオフの区別がつきやすくなります。



また幼児期の子供達は絶対音感があるので、音楽を通してリズムや音を自然に身に付けることができます。



幼児期の子供達は無限の可能性を持ち合わせているので、この時期に幼児教育をするというのは大変なメリットになります。
ですがどこ子供も適応するかと言ったらそうではなく、やはり子供一人一人に合った指導法も大切です。

うちの子は大丈夫かしらと悩んでいるより、園の先生方に相談することで的確なアドバイスを得られるかも知れません。

また家庭の中でも幼児教育をするのは大切で、挨拶もそうですが普段の生活で身に付けていくことはたくさんあります。

その場合親が手本となっていけば、子供も自然と身に付いていくはずです。

Copyright (C) 2016 幼児期に大切な幼児教育とは All Rights Reserved.